納車時の確認事項について

納車時の確認事項について

念願の車を購入できた。その車が納車されて、今日から自分のモノだとなると気分がうかれてしまうのも致し方ないでしょう。ですが、納車時にも細かいところで問題を見落としてしまうと、後々のトラブルになってしまう可能性があります。ですので、最終的な確認をすませてしまうまでは冷静に確認してください。

 

納車されてしまってから問題が発覚してしまったような場合は、解決するのが難しくなってしまう可能性が高いです。ですので、担当者が立ち会っている納車時に、できることはすべてしておく。これが基本となります。

 

購入した中古車の状態は実車で確認していると思います。ですが、メンテナンスを施してからの納車の場合は少し注意が必要となってきます。先ず、納車時には交換したり修正したりすることになっていたパーツなどはきちんと交換されているか確認します。

 

車両以外のことだと、書類の確認はきちんと怠らないようにしてください。自動車検査証、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書、という書類がすべてそろっていなくてはなりません。

 

また、自動車検査証の名義人のチェックも忘れてはいけません。名義人に誤りがあるといけませんので確実にチェックしてくださいね。中古車を購入する際に自動車リサイクル料金が発生した場合にはリサイクル券が発行されています。ですので、リサイクル券が間違いなく付属しているのかも確認しておきましょう。

 

他には保証に関する確認も忘れないでくださいね。保証内容の確認を怠ってしまった結果、トラブルが発生したということが少なくありません。少しでも不明な点があるときは、必ず担当者に確認して、保証内容を正しく理解しておいてください。

 

また、中古車の購入後には任意保険の加入も忘れずに行ってくださいね。強制加入というわけではありません。が、自賠責保険だけではかなり不安が残ってしまうので、万が一を考えたなら、しっかりと加入しておきましょう。